海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第287回 憧れる
第286回 春うまれ
第285回 我的推魚
第284回 ラブコール?
第283回 煙
カテゴリ
Go (20)
くろすけ♀ (50)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (52)
ひらりん (9)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (7)
ハムいち (41)
ブログ更新 (283)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
青ネギ (4)
月別アーカイブ
2020年3月 (2)
2020年2月 (2)
2020年1月 (2)
2019年12月 (2)
2019年11月 (3)
2019年10月 (1)
2019年9月 (2)
2019年8月 (2)
2019年7月 (2)
2019年6月 (3)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (2)
2019年2月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (2)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第287回 憧れる

4月1日より、館内の特別展コーナーにて

串本の絵画サークル「黒洋画会」さんによる

絵画展を催します。

287-1.jpg

287-2.jpg

287-3.jpg

287-4.jpg

写真は準備直後の作品ですが

海にちなんだ風景などの作品は

プロの先生をはじめ皆様とても素敵な作品ばかりで

素人がこんなこと言うのもおこがましいですが・・・好きっす。

こんなブログの写真じゃもったいないので作品は小さく写してあります。

是非とも実際に来館して見ていただければなと思います。

もちろん世が落ち着きましたらね。

 

誰も興味のないような個人的な話ですが

私、とても絵が下手でございまして

小学校6年生の時にキャンプで脱臼した瞬間を描いた

アグレッシブな作品で小学校内の作品展で何かの賞をもらって以来

絵で褒められたことがありません。

中学校の時には美術の成績が5段階で2でした。

大学時代には生物のスケッチをする講義がありましたが

まぁ完成したものはひどいモノでした。

そのぐらい絵が苦手です。

 

もちろん絵が上手い人は何枚も何枚も絵を描いて

努力をされている方がほとんどだと思います。

何の努力もしてない人間が絵が下手だというのは当たり前で

練習すればいいのも分かっております。

ただ何というか

絵を描いたとしてもそれを自分で見たら

なんか照れくさくなってしまうんですよね。

照れちゃって練習できないのです。

おそらく私の性格的に向いてないのでしょう。

 

でも絵を描く生活には憧れます。

いつか照れを感じなくなった暁には

スケッチブックと色鉛筆を買って

ふらっと立ち寄った場所の風景なんて書いてみるのも

いいなぁって思います。

 

 

もちろん世が落ち着きましたらね。

とにかく今は耐えましょう。よく寝てよく食う。

 

by ハムいち

第286回 春うまれ

3月になり陽が落ちるのも遅くなって、気温も上がり、

春の陽気となってきたこの頃...

 

冬にはなかったモノが目に映るようになってきました。

やはり身近なものは植物でしょうか、

花が咲き、海岸から山まで自然を彩ってくれます。

海岸にはハマダイコンの花畑

hamadaikonn1.jpg

 

野山には白木蓮(ハクモクレン)、桜、木瓜(ボケ)などが開花中

mokurenn2.jpg

 

魚も春の変化を感じとったようで、

バックヤードでお腹に吸盤を持つ魚「ウバウオ」を飼育しているのですが、

ubamae3.jpg

 

それがつがいとなり、産卵をしました。

ubaapi-ru4.jpg

左の小さい個体がメス、右の大きい個体がオスです。

メスのお腹の中には卵のようなものがうかがえます…

二月中旬からアピールがみられ、

 

3月頭には卵が確認され、発生は発眼まで進んでいました。

ubasanrann1-5.jpg

 

このまま、すくすくと発生が進んでほしいと願っていたら

 

その数日後、

ubasannrann2-6.jpg

卵の数が増えていました、なんと二度目の産卵!

写真は二度目に産んだモノを拡大しています。

卵の数は合計で110~120個ほどにも。

 

この後も、オスが卵を大切にお世話してくれたおかげで、

卵は現在、こうなりました、

ubaranhatugann-7.jpg

 

一度目に産んだものは卵黄をほぼ吸収し孵化間近です。

ubasigyo8.jpg

皆、もう動けるのか時々体をくねらせています。

元気な子が生まれてきてほしいですね。

 

ちなみに、春の海は栄養が満ちていて、

水温が上がってプランクトンの活性が上がると

その栄養を使って大発生します。場合によっては海が濁るくらいに。

同じく、プランクトンを餌にする本写真のような小さな赤ちゃんたちもいっぱい孵ります。

きっと、今年の春も海の世界に新しい命であふれかえることでしょう。

 

by ナツメリ

第285回 我的推魚

コロナウイルスよりもなによりも花粉が怖い青ネギです

 

花粉といえばメガネウオですよね(唐突)

現在、展示はしていませんが去年の7月からバックヤードにてメガネウオを飼育しています

このメガネウオは口からオレンジ色のゴカイのようなもの(正式には皮弁というみたいです)をピロピロ出してさかなをおびき寄せます

メガネウオ1

うちの子もこんな感じにおなかがすくとこれを出してきます

とてもかわいくないですか??

 

そうですねかわいいんです

このかわいさに騙されてかわいいなぁ~よしよし~なんて思いながらエサをやっていると

指ごとガブリなんてされるわけです

しばらく指を堪能(?)されたのちに食べられないものだと分かったのかよほど美味しくなかったのか暴れ出します

エサを吐きだし、砂を巻き上げ、レイアウトをぶっ壊し、暴れるに暴れます

もう一度エサをやってももう食べてはくれません

反抗期でしょうか。悲しいです

 

そして彼に堪能された美味しくないらしい自分の指はボロボロに

うわーい

メガネウオ2

さかなの口の中がギザギザしていることは知っていたのですが

自分が食べられる側になり、魚の体の構造への理解を更に深めることができた

そんな貴重な体験になりました

主に学んだことは、食べられるとやっぱり痛いんだなと

指を食べられてしまったのは普段から自分がぼけーっとしているから

ということもありますがとにかくエサを食べるのが速いんです

おそろしく速い摂餌、オレでなきゃ見逃しちゃうね。。。

皆さんは速すぎて見逃してしまうと思うので動画をちゃんと撮っておきました

それがこちらです

 

 

 

と言いたいところなのですが動画のあげ方を知りませんでした

このメガネウオが展示されて日の目を浴びるその日までに目の鍛錬を行うか念能力を取得して下さい

 

それと、私事ですが来月3月にて退社させて頂く事となりました

1年という短い間でしたがここ串本海中公園センターで数多くの事を学習、体験させて頂きました

串本海中公園センターの皆様、自分のブログを見て下さった皆様、本当にありがとうございました

またいつかどこかでお目にかかれる日を楽しみにしております

 

それとメガネウオをよろしくお願いします

 

 

青ネギ

第284回 ラブコール?

昨日バレンタインデーだったことを忘れていたことにした、

どうも、くろすけ♀です。

 

バレンタインデーは終わったけれど

私は今熱いラブコールを受けています。

それは、誰から?

こちらをご覧下さい

 

タカノハダイが私の手に熱いキッスをしてくるのです(照)。

 

この魚はタカノハダイといって、串本では、ごく普通の魚です。

エビ網にしょっちゅうかかって、市場に出しても

磯臭いからと売れなくて

足蹴にされてることもあるくらい、ありふれた魚です。

 

でも、こんなになつくなんて、知らなかった。

 

タカノハダイが餌を食べるとき、音が出ます。

私には、「タン」とか「コン」とか

口の中で舌を使って鳴らす音(舌べらクリッカー音ていうらしい)

のように聞こえます。

かなり大きい音なので、手を出してかまれたら痛いんじゃないかと、

実はこの動画をとるまで手を出したことはなかったのですが

今回試してみたら、衝撃はあるけど大したことはありませんでした。

でも、最初はビビってます(笑)。

 

ちなみにこのタカノハが、なんでこんなことをしているかというと

餌がほしいからです。

この子は片目が悪くて、餌が取りづらそうだったので

棒の先に餌をつけて口元まで持っていってあげてたら

「早よせんか!」と言わんばかりにこんなことをするようになりました。

だから今回は餌がなかったので、「チッ、ぬか喜びさせやがって」

と思っていると思います。

 

悪いと思いながらも、顔をみたくて

ついつい何度ものぞきに行ってしまいます。

ラブコールしているのは、私ですね。

 

このタカノハダイは、現在水族館のバックヤードで暮らしています。

気になる方は、バックヤードツアーへどうぞ!

 

by くろすけ♀

第283回 煙

突然ですが私は煙が好きです。

 

急に変なことを言い出しました。

別に我を忘れるほど好きなわけではないのですが、なんとなく煙が好きなんです。

煙の何が好きかと問われれば、やはり匂いが好きなんだと思います。

特に木材の煙の匂いが好きなので、キャンプファイヤーや焚火の煙に顔を突っ込んではうっとりします。

昨今では嫌われ者のたばこの煙も大好きです。

「燻製」という言葉にときめきます。

ここ串本にはそんな煙好きの自分にとって夢のようなイベントがあるのでご紹介します。

あ、ちなみに今回水族館要素は0です。

 

本州最南端にある潮岬望楼の芝には、約10万㎡の大芝生が広がっています。

ここでは年に一度大々的に芝焼きを行うイベント、本州最南端の火祭りが行われます。

ちなみに芝焼きは、枯れた芝を焼くことで害虫を駆除し新芽の発育を促す効果があるそうです。

ケムリストとしては大変心惹かれるイベントですが、

いつも仕事のある土日に行われるので行ったことはありません。

ですが、この芝焼きは火祭り当日にすべて焼くわけではなく、事前にある程度の範囲は焼いておきます。

お客さんの入る部分やその近辺は事前に焼いておかないと火が広がりすぎて危険だからです。

この事前焼きには、毎年海中公園からもお手伝いを出しているので参加できます。

DSC_0301.JPG

DSC_0302.JPG

こんな感じでもっくもくです。

積極的に風下に回って人間燻製を堪能しました。

さすがにかなり目に沁みましたが本望です。

水族館に戻ってしばらくは周囲にかなり匂いをまき散らしていたようです。

 

今年の火祭りは明日(2月1日)ですので興味のある方は是非行ってみてください。

ちなみに、本番の火祭りのほうは煙を楽しむわけではなく↓のような美しい光景を楽しめます。

himaturi.jpg

(南紀串本観光協会HPより)

 

by とーる

このページのTOPへ