海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOME園内マップ

園内マップAREA MAP

串本海中公園の
様々な施設をお楽しみください。

串本海中公園は、1970年7月に日本で最初に指定された海中公園地区です。

水族館」では美しく豊かな串本のサンゴの海、そこで暮らす生き物たちを様々な体験を通してお伝えしており、
海中展望塔」や「半潜水型海中観光船ステラマリス」 では服を着たまま実際の海中世界をご体験頂けます。

海中公園レストラン アクロポーラ」ではご旅行の思い出を彩るお食事をご用意しており、
串本ダイビングパーク」ではビーチでのスノーケリングや体験ダイビング、そして本格的なボートダイビングをお楽しみ頂けます。
串本ダイビングパーク内の「ログハウス」では臨海ロケーションの中、ゆったりとご滞在頂けます。

園内マップ 海中展望塔 ステラマリス 水族館 水族館 レストラン ダイビングパーク 研究所 宿泊コテージ カフェレストランサンビラ 津波避難所
水族館
水族館トップ
水族館 Aゾーン
水族館 Bゾーン
水族館 Cゾーン
海中展望塔
海中展望塔トップ
海中展望塔で見ることのできる魚達
月別でみるお魚カレンダー
海中展望塔ライブ映像
ステラマリス
半潜水型 海中観光船
ステラマリス
レストラン アクロポーラ
海中公園レストラン
アクロポーラ
ダイビングパーク
珊瑚と黒潮の海
串本ダイビングパーク
串本海中公園研究所
生態保存の為の調査研究施設
串本海中公園研究所
津波災害時の避難路
津波災害時の避難路

水族館

水族館

串本の海は、あたたかい黒潮の影響を強く受けるため、世界最北のテーブルサンゴ(クシハダミドリイシ)の大群落を始めとして、色とりどりの熱帯性の美しい生きものたちがすばらしい海中景観をつくり出しています。

串本海中公園の水族館は、この串本の海にすむ生き物だけでできた水族館です。この美しい串本の海を紹介するため、大水槽や水中トンネル、ウミガメパーク、マリンアートギャラリーなどでご覧いただけます。

詳しくはこちらから

海中展望塔

海中展望塔

沖合140m、水深6.3mの海底には青く澄んだ世界が広がります。串本の海を代表するクシハダミドリイシなどのテーブルサンゴやソラスズメダイ、メジナ、ブダイ等の魚達、熱帯・亜熱帯にすむカラフルな生物達が直に観察できます。

サンゴの間を泳ぎ回る熱帯魚が乱舞する様は、まさに青いメルヘンの世界です。

詳しくはこちらから

半潜水型 海中観光船 ステラマリス

半潜水型 海中観光船 ステラマリス

水族館で生きものたちの姿や顔つき、名前に親しんだ後は、半潜水型海中観光船ステラマリスで、サンゴの海に生きる彼らの実際の暮らしぶりを観察してみてください。

詳しくはこちらから

海中公園レストラン アクロポーラ

海中公園レストラン アクロポーラ

串本の海、潮岬、そして海中展望塔を見ながら舌つづみ。
ご旅行の思い出を彩るお食事を、ゆったりした店内でごゆっくりとお楽しみください。

詳しくはこちらから

珊瑚と黒潮の海 串本ダイビングパーク

珊瑚と黒潮の海 串本ダイビングパーク

体験ダイビングなど、よりアクティブに海中を楽しみたい方のために、同じ敷地内にダイビング施設「串本ダイビングパーク」を併設しています。

ボートダイビング、ビーチダイビング、体験ダイビングなどの他、スノーケリング体験も行っています。

詳しくはこちらから

生態保存のための調査研究施設 串本海中公園研究所

生態保存のための調査研究施設 錆浦海中公園研究所

串本海中公園研究所は、串本海中公園地区やその周辺海域の生態保存のための調査研究を行い、その認識を深め、自然環境の保全と健全な利用の普及に努めることを目的として昭和44年(1969年)に発足しました。この研究所での研究成果は水族館での展示にフィードバックされています。

詳しくはこちらから

高台へ続く津波避難路

津波避難路 高台

津波災害に備え、園内には高台へ続く避難路を設けております。高台にある避難広場は標高30メートルになります。

詳しくはこちらから

このページのTOPへ